《レシーブプレイでのポイント》
1/レシーブプレイで最も大切なのは「事件」である。「ここ」での話でなくてもいい。

ドラマには必ず普段の生活にはないイベントがある。 君の感情が奮い立つ「事件」だ。楽しかったり悲しかったり苦しかったり。 そんなドキドキする物語の鍵となるのはSPOT-何処の、PERSON-誰の、CASE-何の話なのかを考える。

2/シーンは変わっている。その先の物語であることを忘れない。

設定を引き継ぎながらも、単なる同じ場所での続きではない。 未来なのか過去なのか。観る人や自分が愉しめるために、違う時間を想像して過ごすべきだ。

3/サーブプレイで創った関係を、より深めることでドラマを描く。

新しい事件や設定を付け加える必要はない。 よいドラマであるほど設定はシンプルだ。 サーブプレイで生まれたものを、より掘り下げて深く考えてみるだけでいい。

4/話を完結させる為に、30秒前からはEND-LINESの台詞を優先させる。

良くも悪くもレシーブプレイでこの物語は完結する。 他のフレーズが上手くいってもいかなくても、頭を柔軟にして、とにかく全員で一丸となって確実に終わらせること。

5/ここは何処で、今がいつなのかを決めると自分が楽になる。

レシーブプレイでも、時間と場所を明確にすることで周りが想像しやすくなる。

6/KEY-WORDはメンバーみんなだけでなく、みんなが知っているフレーズが鍵。

流行りの出来事や流行語、普遍的なメッセージなど、誰もが知っている言葉にはそれ自体に物語があるものだ。 メンバーだけでなく、観る人までもが共感しやすくなる。